大切なバイクを置く場所はしっかりとガレージを作っておきたいですよね。せっかくの大事なバイクを雨ざらしにはしたくないはずです。そこで、大事なバイクを収納するバイクガレージの選び方を紹介したいと思います。

 

バイクガレージのタイプ

タイプは3つに分けることが出来ます。その3つとはスタンダード型、ライト型、オリジナル型です。まず、スタンダード型は防犯対策、強度としっかりとしたタイプを選びたい人におすすめです。物置のようなかたちで扉を閉めることが出来るので防犯面もしっかりしており、雨風を防いでくれます。しっかりとしたガレージに入れて保管したいという人におすすめのタイプです。

そして、次のライト型はガレージというよりかはテント型になっているタイプです。耐久性も防犯性もスタンダード型よりかは劣ってしまうかもしれませんが雨風はしっかりとまもってくれます。また、価格も数万円程度で購入できるのでコスト的には一番おすすめのガレージです。

最後はオリジナル型といって見た目にもこだわりたい人におすすめするガレージです。自分の好きなデザインでぱっとみはガレージといった感じはしません。とてもオシャレなので見た目も良いですし、外観も良いです。映画に出てくるようなオシャレなガレージが欲しい人は是非、オリジナルのガレージにしてくださいね。

 

こんなバイクガレージに憧れませんか? → バイクガレージ

スペック

スペックで選ぶ事で自宅のガレージを置けるスペースや予算などからどのガレージにするか選ぶ事が出来ます。バイクガレージといっても値段はピンからキリなのではっきりとしておかないと選ぶ事が難しくなっていまいます。特に良いバイクに乗ると防犯がすごく大切になってきます。防犯をおろそかにすると盗まれてしまう可能性があるので、ハーレーなどのバイクに乗る場合は防犯をしっかりしたガレージにすることをおすすめします。

そして、大きさも非常に重要です。いくら良いガレージを選んでもスペースがなければ意味がありません。まずは、どれくらいのものが入るかをしっかり図ってから選ぶ事が重要です。また、金額も選ぶ上では非常に重要ですよね。
金額は100万円を超えるものもあれば数万円で購入出来るものまであるので、どれくらいの予算を出せるのかある程度決めておくと決めやすいでしょう。

 

床置きか土間タイプか

ガレージにはこの2つの2種類があります。土間タイプはガレージの床がなくてコンクリートの上に設置するもので、床置きタイプはガレージ自体に床がついているタイプになります。床付きタイプは特に基礎工事が必要ないので1日で設置することが可能なのですぐに組み立てる事が出来ます。そのため、業者に依頼しないで自分で行う事も可能です。

そして土間タイプはガレージ本体の値段は土間タイプの方が安いので手ごろなのですが、ガレージを設置するためにコンクリートのうちつけなど基礎工事が必要になる場合があります。工事は数万円することもあるので、結局は高くついたりする可能性があります。ですが、土のままでは環境によっては湿気で車体にサビがつくケースがあるので、しっかりとコンクリートを打つようにしてください。自分が好きな方を選び納得がいくバイクガレージにしてくださいね。

 

まとめ

このように、バイクガレージの選び方を紹介しました。せっかく大事なバイクを収納するのだからしっかりと選びたいと思いますよね。大事なバイクを選ぶためにバイクガレージは慎重に選びましょう。出来るだけ高級なガレージを選びたいのですが、値段とのかねあいもあるので自分が出来る範囲で購入するようにしましょう。これからバイクガレージを考えている人は上記を参考にして選ぶようにしてくださいね。

関連記事

    None Found